数多くの業種や職種を扱っているDODA

10年ほど前にはDODA(デューダ)という求人情報誌がコンビニなどによく置いてあったことを覚えている方も多いでしょう。その当時は転職することをデューダするなどと表現するほど一般的になっていた情報誌であり、どこのコンビニに行っても転職情報誌のコーナーなどには必ず置いてあって知らない人はいないと言ってよいほどの知名度を誇っていました。

 

現在ではDODA(デューダ)は求人をインターネットで公開する形になっていますが、現在でも転職業界においては高い知名度があり多くの企業と太いパイプを持っているのがDODA(デューダ)なのです。

 

多岐にわたる業種や職種をDODA(デューダ)では紹介しています。例えば販売業やサービス業から、整備職や製造職、ITやプログラマーから事務などのデスクワーク職まで幅広い職種について紹介しています。

 

ですから現在と同じ職に就くかあるいは別の職に就くかで悩んでいる人などは幅広い選択肢から選ぶことができますし、求人情報はもちろんのこと就職や転職のために必要となるその他の情報についても質量ともに豊富となっています。

 

また転職エージェントサービスの情報と転職サイトの情報とがDODA(デューダ)ではしっかりと連携されていますので、インターネットで一般に公開されている求人の閲覧をすることに加えて転職エージェントサービスによる非公開の求人情報の閲覧をすることも可能となっています。

 

もしもあなたが非公開情報の閲覧をしたいのであれば、まずはキャリアアドバイザーとのカウンセリングや面接を行いましょう。これによって企業の特性と自分の適性を分析してより効率よく求人情報を検索することができるのです。このサービスはキャリアアドバイザーに頼るばかりではなくご自分で求人情報を積極的に閲覧したいという方にも好評となっています。

 

キャリアコンサルタントとの面接によって企業とのマッチングを行うというサービスがDODA(デューダ)では基本なのですが、スカウトメールという自分の履歴や希望などを登録して企業側からのオファーを受けるというサービスもあります。このスカウトメールサービスについても非公開で求人を行っている企業からオファーを受けることが可能となっています。

 

現在ではDODA(デューダ)以外にもスカウトメールのようなシステムを行っている転職サイトはあります。自分の希望しているものとオファーを受けた企業の求めるものが一致するかどうかについては実際にオファーを受けてみなければわかりませんが、自分の力を認めてくれる企業で働きたいと考えている人にとってはすばらしいサービスであるといえるでしょう。